Youtuberは確定申告が必要!やり方や経費について解説【保存版】

YouTuberとは動画コンテンツを用意し、スポンサーからの広告収益を上げることができるものです。 YouTuberとして所得を得る形になると、確定申告が必要になることがあります。この記事では、確定申告が必要になる場合や経費の扱いなどについて解説します。

YouTuberとは動画コンテンツを用意し、スポンサーからの広告収益を上げることができるものです。

YouTuberとして所得を得る形になると、確定申告が必要になることがあります。この記事では、確定申告が必要になる場合や経費の扱いなどについて解説します。

YouTuberで確定申告が必要な場合

YouTuberを本業としてやっている場合(事業所得)

YouTuberを本業としている場合は、そこで得る収入は事業所得となり、確定申告が必要になります。

この場合においては、特別な事情がなければ必ず確定申告をする必要があります。

補足として、事業所得はYouTuberだけで生計を立てる場合の所得、サラリーマンなどが副業の形で収入を得る場合は雑所得になります。

事業所得

YouTuberを副業としてやっている場合(雑所得)

副業としてYouTubeをやるときには、そこで得られる収入は雑所得となります。

年末調整を受ける会社などからの給与の他に、YouTuberとしての収入や投資や家賃収入なども含めた利益が20万円を超える場合には確定申告が必要です。

また、YouTubeの収入に関係なく、会社員としての収入が2000万円を超えている場合や医療費控除などの所得控除がある場合には確定申告が必要です。

事務所に所属してYouTuberとして活動している場合

事務所に所属している場合は、その事務所との報酬の受け取り方によって確定申告が必要かどうかは異なっています。

雇用契約として給料という形で受け取っている場合には、収入が年間2000万円を超えなければ確定申告は不要です。

報酬の管理は自身でしているという場合には、所得控除の適用を考えている場合、給与以外に20万円以上の収入がある場合に確定申告が必要になります。

YouTuberの経費はどこまで認められる?

YouTuberとして業務に必須なPCやカメラなど

YouTuberの収入が事業により得ている場合、それは所得区分の一つでもある事業所得に該当します。

事業は独立や継続、反復などで行われるもので1度だけでYouTuberの収入がある場合は事業にはなりません。

YouTuberを本業で行っている場合、それは事業に相当するため確定申告では事業所得の形で計算を行い納税が必要になって来ます。

YouTuberとして業務に必要な衣装や交通費など

確定申告では事業所得や雑所得に関係なく、総収入額から必要経費を差し引き所得額を求めるルールになっています。

YouTuberでの収入は直接銀行口座に振り込みが行われるため、総収入額の把握は比較的容易にできるのではないでしょうか。

経費は多ければ多いほど節税効果を高めることができるのですが、問題はどのような費用が経費としてみなされるかといった部分です。

YouTuberはパソコン・カメラなどの設備をはじめ、スタジオ代や衣装代などが必要になることもあるわけですが、これらはいずれも必要経費の形で計上することができるものです。

他にも、交通費や通信費などのような事業に係る部分は経費として認めて貰えるので必ず計上するようおすすめします。

【確定申告の領収書】経費にできるもの・できないものを解説

【確定申告の領収書】経費にできるもの・できないものを解説

詳細はこちら

確定申告せず税金を払ってない場合はどうなる?

YouTuberはネットを利用したビジネス、そのため確定申告をしなくてもばれることはないのではないだろうか、このように考える人も多いのではないでしょうか。

基本的に、YouTuberを副業でやっていて年間の収入が20万円以下の場合は原則確定申告は不要ですが、住民税の申告は必要です。

住民税の申告は住まいの住所を管轄している役所の住民課などを通じて申告する必要があります。

一方、本業でYouTuberのビジネスをやっていて、年間の収入が38万円以上の場合は確定申告をしなければなりません。

事業所得や雑所得はいずれも所得総額に対する税金を納める目的で確定申告を通じて行うものですから、20万円や38万円のボーダーラインを超えている場合は納税義務が発生する、これをしっかり理解しておくことが重要です。

確定申告は怠らずに行う

確定申告をしなかった場合、それは納税をしないことと同じ意味となるいわゆる脱税になるわけです。

確定申告をしないと延滞税および加算税の2種類の罰則的税金を納めなければならなくなります。

特に加算税は、本来納めなければならなかった税金に対して加えて課される罰金的性質が非常に強いもので、その金額が高額になることも決して珍しいことではありません。

まとめ

YouTuberは確定申告が必要になるのか、これを考えたとき事業所得では38万円以上、雑所得(副業)の場合は20万円以上は確定申告は必須です。これらの所得があるのにも関わらず確定申告をしない場合、それは脱税となり延滞税および加算税といったペナルティが課せされることになるため注意が必要です。

ネットの中でのビジネスなので確定申告をしなくてもばれることはないだろう、このように考える人も多いかと思われますが、人気を持つYouTuberになればその名が広がるわけですからあのYouTuberは確定申告していないなど税務署から目を付けられないとはいい切れません。確定申告そのものは決して難しいものではありませんし、経費として認めて貰えるものを多く計上すれば納税額を減らすこともできます。

みんなの税理士相談所は最適な税理士をご紹介

  • 忙しくて決算・確定申告に手を回せていない
  • 自分では出来ない節税対策を依頼したい
  • 要望に合った顧問税理士を探したい

みんなの税理士相談所では、このようなお悩みや要望をお持ちの方に税理士を検索できるサービスの提供と、税理士の紹介をしております。

税金まわりのお悩みや要望は、数多くあり、ネットで調べて解決するには難しいと感じた方もいるでしょう。当サービスでは、相談内容やお住まいの地域ごとに最適な税理士に出会うことが可能です。

以下のお問い合わせフォームから具体的な内容を入力できるので、お気軽にご利用下さい。

紹介無料・即日紹介・
全国対応・複数人紹介
も可能!
最適な税理士ご紹介いたします!

LINEで相談LINEで相談 電話で無料相談 税理士紹介を依頼する