資金調達方法は3種類|メリット・デメリットを解説【保存版】

自己資金で資金調達を全てまかなうのは大変、融資や増資・補助金など色々な選択肢の中から最適の方法を択ぶのが事業を展開する大切です。

自己資金で資金調達を全てまかなうのは大変、融資や増資・補助金など色々な選択肢の中から最適の方法を択ぶのが事業を展開する大切です。

自己資金で資金調達を全てまかなうのは大変、融資や増資・補助金など色々な選択肢の中から最適の方法を択ぶのが事業を展開する大切です。

資金調達の基礎

まずは自己資金で起業を考えよう

起業する際にネックになるのは資金調達をいかに進めるか、にあります。事業を創業しても数年以内に廃業に追い込まれるケースはざらにあることを踏まえればリスクは最小化したいものです。その点に着目すれば必要な経費などをすべて自己資金で賄うことにあるのは間違いありません。
借り入れをする場合には、そもそも実績がない段階で審査を通過できるのかが問題になるばかりか、融資が実行されても借入金の返済計画に追われることになります。自己資金ですべてを準備できれば、返済や金利負担もないのでそれだけ経営にも余裕が出てくるでしょう。ただし自分で保有している記入資産には限りがあるので、ばあいによっては自己資金がたまるまで起業のスタートが遅れることもありえます。

資金調達方法はどうやって選べばいい?

資金調達の必要性は事業の規模や、事業モデルでかなり変わってきます。対照的なベンチャー企業とスモールビジネスの二つのビジネスモデルと資金調達について考察してみます。ベンチャー企業ではタイミングやスピードが成功のかぎを握っています。事業の性質上開発先行型になりがちなので、事業当初より多額の資金が必要で、数年間は赤字覚悟そのごの黒字化を目標になるでしょう。したがってベンチャー企業では資金調達の必要性は高いと言えます。
これに対して飲食店などのスモールビジネスでは、開業当初から売り上げが出始めて黒字化をめざす必要があります。ベンチャー企業に比べれば売り上げが当初から見込めるので、必要に応じて金融機関の融資を検討することになるでしょう。

資金調達の方法は3種類

出資

出資とは投資家が現金と引換えに株式をしゅとくするということです。投資家からえた現金は事業資金として本業を成長させるために消費しますが、企業側は返済する必要はありません。安定した資金を確保するこことはできるわけです。
これに対して投資家サイドは企業の利益があがれば、利益のなかから配当金の形で収益を得ることが出来ます。さらに業績が好調で企業価値が上がっていれば、株式自体を売買して巨額のリターンをえることも可能です。

融資

融資とは金融機関から借入すること、つまり借金をすることです。しかし日常生活の中でのイメージとはことなり、事業用で借入するのはあくまで事業を目的にした借金で、収益をあげて儲けをあげることを最終的に施行するので、たんなる消費を賄うための借金とは大きく異なります。
仮に資金繰りが悪い状態で融資を希望しても、貸し倒れのリスクが高いので審査を通過するのは困難です。そのため資金に余裕があるときこそ融資を検討するべきです。

補助金・助成金

補助金・助成金ともに、政府や地方自治体から公益に資するとみられる事業を対象に交付される現金で、資金不要なのが特徴です。補助金はあらかじめ予算額が決まっているので、支給条件を充足しても予算に到達済みでは支給されない可能性があります。
これに対して助成金は、助成条件をクリアすれば支給がされることになります。いずれも支給対象は資金需要が高い中小企業で、創業間もないベンチャー企業では新生件数がおおくなっています。

資金調達方法①:出資(エクイティファイナンス)

エクイティファイナンス(出資)とは株式会社設立後に、新規事業展開などの巨額の資金が必要になった場面で新株を発行し、支払いこまれた現金をえることです。会社側は必要な資金を入手する反面、新たに株式を発行するので支配比率の変動などのリスクもかかえることになります。

出資を受けて資金調達する方法

公募(時価発行増資)

公募(時価発行融資)とは時価で新株を発行し資金調達する方法です。価格決定面の特徴から公募のことを時価発行増資と呼ばれることがあります。額面ではなく市場価格で新株を発行できるので、株価の高さに比例して、よりすくない新株で資金調達を図ることが出来る、というメリットがあります。
ただ条件を充たせば基本的に誰でも株主になる事が出来るので、会社経営県を奪うことを狙って会社の計系方針などにとっては好ましくない株主が増加するリスクがあるわけです。

株主割当増資

株主割当融資とは、新株を発行する際に割り当てを受ける権利を、既存の株主に保有株数に応じて割り当てる増資方法です。株主には割り当てに応じる義務はなく、払い込まれなかった権利は失効します。また時価より割安の価格で発行されるので資金調達できる金額は公募ほど見込めない側面があります。しかし既存株主に新規の株式を割り当てるので、持分比率の変動は大きくなく、敵対的第三者が株主になるリスクを下げることができるのはメリットです。

第三者割当増資

第三者割当融資とは、株主であるか否かをとわず、特定の第三者に新株を割り当てる権利をあたえる増資方法です。この増資方法は取引先や業務提携先との関係性を安定させたいときや、時価では価格が低すぎて通常の増資が困難でスポンサー企業などに引き受けてもらうことが多いようです。
第三者割当増資では増資株式数の割合によっては、株主間の持分比率に影響がでたり、特定の株主の意向が経営に大きく影響を与えることになる可能性があります。

出資を受けるメリット・デメリット

出資を受けるメリット

  • 原則的に返済の義務がない
  • 自己資本比率が増える
  • 利息がかからない

公募や第三者割当や、株主割当など出資には幾つかの方法がありますが、メリットとデメリットがあります。実際に増資で資金調達をする場合は、メリットとデメリットの両者を踏まえてどの方法を選択するべきかを判断することがポイントです。
まず出資を受けるメリットのひとつに、出資で祓いこまれた現金は返済義務がないというこおTです。これは融資を受けるときとの大きな違いで、財務状態によっては融資は利用することができない点と異なります。もちろん利息の支払も不要です。また借金でないので、自己資本比率を高めることができます。自己資本とは資本に踏める自己資金の割合を数値化したものですが、財務の健全性を財務諸表でアピールできるので、新規融資などにもプラスです。
これに対して出資を受けることは、新規の株主が加わわることで、株主同士の持分比率が変動し、特定の株主の発言権が大きくなる事態も予想されます。加えて収支が利益になれば株主に配当金の形でキャッシュを支払う必要があります。出資はうまく活用すれば、返済義務を負うことなくキャッシュフローを改善できるメリットがあります。反面で株式数が増えることで、持分比率が大きく変動し会社経営などに影響を与えるリスクも抱えているのです。

出資を受けるデメリット

株主が経営に口出しをしてくる
,投資契約による経営の自由度低下
,株主に配当金を支払う義務が生じる

出資とは、ベンチャーキャピタル(VC)や個人投資家(エンジェル投資家)などから返済する必要のないお金をもらう方法です。返済する必要がない、点で銀行などの金融機関からの融資と大きく異なります。具体的には、ベンチャーキャピタルや個人投資家などに、現金を受ける変わりに株式や持分を発行し、会社の経営権を一部委譲する形をとるのが特徴です。ベンチャーキャピタルは最終的には株式の上場を目指して、系系支援やノウハウの提供や取引先の開拓など、新規事業者にとっては容易ではない経営上の課題の解決にも積極的にアドバイスや関与してくれるので、事業成功の確率をアップさせることが出来ます。
ベンチャー企業などでは設立当初は取引実績がないので、銀行からのプロパー融資を受けるのは困難です。これに対してベンチャーキャピタルは、事業の将来性に投資するので巨額の資金を調達することができるのが大きなメリットです。
しかし他方で、経営方針に介入してきたり、当初の投資契約により経営の自由度が低下し、自分のプランで事業展開するのが難しいデメリットがあります。また利益が出ても株主に配当金の形で利益を還元しなければならないのも、デメリットと意識されています。

資金調達方法②:融資(デットファイナンス)

融資とは資金を銀行をはじめとした金融機関などから、現金を得る変わりに元本に利息をつけて最終的には全額を返済するというものです。いわゆる借金に相当するもので、法律的には金銭消費貸借契約を締結し、金銭の交付を受けます。

融資を受けて資金調達する方法

銀行借入

融資とは具体的には銀行借入のことで、馴染み深いのは銀行ローンになります。銀行借入には目的によりいくつかの代表的な種類がありますが、事業者との関連性が高いのは事業ローンです。都市銀行や地方銀行のほか信用組合などの金融機関と相対して、融資を申し込むと審査がなされて融資的確と判断されると、ようやく契約を締結し融資の実行の運びになります。事業実績がないと融資を得るのは難しいので公的保証機関と提携してが実行されることも多いようです。

シンジゲートローン

シンジケートローンとは複数の銀行などがシンジケートを組んで融資を実行する方法です。シンジケートローンは日本語では、「協調融資」と呼ばれることもあり、複数の金融機関がシンジケートを形成し、一社ではリスクが高い高額の融資案件を協働で引き受けるという投資方法です。
銀行同士は同じ契約書で同一の条件で融資を行いますが、まとめ役になる金融機関が、企業側と銀行団の間を調整し利率や期間などを設定し分担して融資を行うことになるのが特徴です。

社債の発行

車載とは民間会社が第三者に対して、債権を発行して資金を調達することです、資本市場を舞台に直接事業資金を集める面に着目し、銀行の間接金融に対して直接金融と呼ぶこともあります。利息(クーポン)がついており、所定の期間が経過すると額面どおりの金銭が償還されることが予定されているのが特徴です。社債のメリットは、株式とは異なり経営にコミットされることもなく、資本市場から必要な資金を得ることが出来る点にあります。

私募債発行

私募債は社債の一種ですが、50人未満の少数の投資家を相手に発行する点で、資本市場で幅広い投資家から資金を募る公募債とは異なります。大規模な社債発行を実施できる会社は限られていますが、私募債はスタートアップを行うベンチャー企業であっても実施できる、身軽さがメリットです。出資者さえ見込みが立てば、中傷事業者でも簡単に発行できるので銀行からのプロパー融資などに代替する新たな資金調達として利用する会社も増えています。

融資を受けるメリット・デメリット

融資を受けるメリット

  • 株主が経営に口を出してこない
  • 節税の効果がある
  • 融資の選択肢が多い

融資を受けるのは、銀行をはじめとした金融機関から借入により資金調達する方法のことです。融資に対比されるのは増資による資金調達。融資は増資と異なり、株主の増加などの会社の組織的構成に影響しないので、借入が増加したからといって株主が経営に口を出してくるような事態は回避できます。
金融機関から融資を受けると、元本に利息を付して返済する義務を負っています。この点は融資を利用したばあいの損な点といえますが、支払った利息分はすべて損金として計上することが出来ます。詰り所得から利息支払額を損金として控除することが出来るので、借入金額に応じた節税効果を得ることもメリットです。そして融資で資金調達するばあい、選択肢が豊富なのもメリットです。銀行などの金融機関が代表的ですが、会社の状態によっては、銀行を介在させることなく、社債を発行して現金を調達する選択肢もあります。社債を公募できるほどの事業規模でない場合でも、私募債を活用すれば人脈のなかから購入者をみつけることも可能です。事業で成功した経験をもつ方のなかには、エンジェル投資家と呼ばれる出資者もいるほどです。つまり融資には豊富な選択肢の中から、自社にとってメリットの大きい方法を選択することが叶うというわけです。

融資を受けるデメリット

  • 返済義務がある
  • 利息が発生する
  • 自己資本比率が下がる

融資を得ることで新たな事業の展開や設備投資などが可能になり、さRなる将来の成長につなげることが出来るはずです。しかし反面において融資にはデメリットもあります。融資の本質は金銭消費貸借です。平たく言えば借金のひとつなので、将来にわたって返済義務が発生します。具体的には金融機関から融資を受けるケースでは、毎月一定額を振り込む必要に迫られるわけです。月々の返済が滞れば、返済実績として評価さえることもありません。延滞が継続すれば、融資元から裁判を提起される可能性もあります。
そして返済するといっても、元本だけを返済計画表に従って返済するだけでなく、利息発生分も加えて返済する必要があります。利息は融資条件のひとつを構成するので、実績や将来性によってはより厳しい金利などの条件でようやく融資を得ることになるなど、利息と言うコストがあ不可避なのはデメリットです。
そして財務面で融資の影響を考慮すると、増資で資金調達した場合に比較すると、自己資本比率が低下するという点も見逃せません。融資は借入に該当するのでバランスシート上「他人資本」に分類されます。自己資本比率が低下すると、資金力のない企業と判断されて新規融資が難しくなったり、補助金などを受けることが出来ないなどの弊害も出てきます。

資金調達方法③:補助金・助成金

補助金・助成金とは政府が直接的あるいは間接的に公共の利益にかなうと判断したばあいに、民間事業者に対して交付する金銭的な給付金のことです。融資では返済義務を負いますが、給付金・助成金では返済不要になっています。

補助金を受給して資金調達する方法

地域創造的企業補助金

地域創造的企業補助金とは経済産業省が交付している補助金のひとつで、地域経済活性化を趣旨として交付されています。これから新規に起業する事業者の多くは、創業に関連して必要になる金銭の余裕をそれほど持っているわけではありません。
経費を捻出することに不安を感じていては、地域経済に資する新たな事業者の登場を期待するのは困難です。そこであらたな需要を開拓すると期待できる事業の企業を女性するために交付される補助金です。

事業承継補助金

事業承継補助金とは、地域経済に貢献するものと見られる中小企業者に対して、事業承継を契機に新たな事業展開を促進する趣旨で交付される補助金のことです。日本企業のほとんどを占める中小企業では、今後事業承継がスムーズに進捗しないことで廃業する事業所が増えるものと見込まれています。実績もノウハウもあり、事業成長を見込める事業者の円滑な事業承継を支援することで、代替わり後も円滑な事業活動とさらなる事業展開を助成し、地域経済の振興を目的にしています。

小規模事業者持続化補助金

小規模事業者持続化補助金は、あらかじめ策定した経営計画などに基づいて実施する販路開拓などの取り組みに対して50万円を上限(補助率2/3)に補助金が交付されます、補助金が出るだけでなく、ケ英英計画策定時や、販路開拓などを実施するときに商工会議所の指導や助言を受けることが出来るのもメリットです。起業後数年以内に9割もの事業者が廃業に追い込まれているとのデータもありますが、事業の持続的展開の為に大切な販路開拓を支援する補助金です。

助成金を受給して資金調達する方法

キャリアアップ助成金

キャリアアップ助成金は厚生労働省が事業主体になっている助成金で、悠木契約労働者・短時間労働者や派遣労働者に代表される「非正規労働者」の企業内でのキャリア・アップを助成する助成金のことです。正社員化コースと、人材育成コース・待遇改善コースの三種類でスタートしましたが、現在では7コースにまで充実しています。労働者全体に占める非正規労働者の数は増加する一方で、キャリア形成や福利厚生などの面での改善を目的にしている助成金です。

まとめ

起業して事業展開するには、当初は自己資金で資金調達を図ることも可能です。しかしより事業を成長させたいなら、資金調達は必要不可欠になってえきます。資金調達には大きく分けると、金融機関などからの融資や社債を発行する方法、増資で出資金を募ったり、政府や自治体の補助金・助成金をえるなど代表的な3つの選択脚があります。ベンチャー企業やスモールビジネスなど、ビジネスモデルにより資金需要も異なるので、どの方法が自社に向いているかを的確に判断し、ビジネスを展開するのがポイントです。

みんなの税理士相談所は最適な税理士をご紹介

  • 忙しくて決算・確定申告に手を回せていない
  • 自分では出来ない節税対策を依頼したい
  • 要望に合った顧問税理士を探したい

みんなの税理士相談所では、このようなお悩みや要望をお持ちの方に税理士を検索できるサービスの提供と、税理士の紹介をしております。

税金まわりのお悩みや要望は、数多くあり、ネットで調べて解決するには難しいと感じた方もいるでしょう。当サービスでは、相談内容やお住まいの地域ごとに最適な税理士に出会うことが可能です。

以下のお問い合わせフォームから具体的な内容を入力できるので、お気軽にご利用下さい。

紹介無料・即日紹介・
全国対応・複数人紹介
も可能!
最適な税理士ご紹介いたします!

LINEで相談LINEで相談 電話で無料相談 税理士紹介を依頼する