logo

0120-973-309

受付時間:10:00 ~ 19:00

税理士紹介を依頼する

更新日:2021年04月28日

ウーバーイーツと確定申告|やり方や経費、会社にばれない方法も教えます

2016年に日本に上陸したウーバーイーツは、今や全国の主要都市に展開してデリバリーサービスが提供されています。ウーバーイーツはスマホとバッグと自転車があれば誰でも手軽に配達のアルバイトができるので、フリーター以外にもサラリーマンの副業にも人気があります。配達のお仕事で得られた報酬は週単位で受け取ることができますが、個人事業主の扱いなので税金は天引きされません。そのため、年間あたりに得られた報酬額によっては確定申告が必要になります。

職場によっては副業が禁止されているケースがありますが、自分で確定申告をすると翌年度の住民税が増額になるので会社にばれてしまう恐れがあります。それでも確定申告や住民税の納税方法を工夫すれば、ウーバーイーツをしていることが会社にばれずにすることも可能です。

ウーバーイーツは確定申告が必要?

副業としてのウーバーイーツで20万円の所得を得た場合

本業とは別にウーバーイーツで収入を得た場合には、年間あたりの報酬額によっては確定申告をして所得税を納税する必要があります。ウーバーイーツで確定申告が必要になるのは、以下の2つのケースが考えられます。

  • ウーバーイーツを副業にして20万円/年以上の収入を得た...これはサラリーマン(給与所得者)や自営業者などの方にあてはまります
  • ウーバーイーツを本業にして38万円/年以上の収入を得た...これはフリーターでウーバーイーツをメインにしている方が該当します

ここで注意しておかなければならないのは、年間あたりの収入とは単純に受け取った金額ではないことです。すなわち、必要経費を差し引いた後の金額が収入となります。

専業としてウーバーイーツで1年間で38万円の所得を得た場合

学生やフリーターの方でウーバーイーツの収入をメインにしている方の場合は、「専業」扱いになります。このようなケースだと、年間あたりの収入額が38万円を超えると確定申告が必要になります。
学生で親の扶養に入っている場合は、収入額によっては扶養を外れたり健康保険料が増額される可能性があるので注意が必要です。フリーターなどでウーバーイーツの収入をメインにして生活している方であれば、節税の方法を知っておくことが大切です。

ウーバーイーツの所得を確定申告しない場合はどうなる?

ウーバーイーツで得られた報酬を確定申告をしないでいると、後から税務署から指摘される可能性があります。報酬は週単位で本人名義の口座に振り込まれますが、ウーバーイーツは海外から国際送金されるので税務署にチェックされやすいといえます。
ウーバーイーツの収入の確定申告をしないでいると、本来納めるべき所得税に加えて「延滞税」「無申告加算税」「重加算税」などのペナルティが課される恐れがあります。税金の増額に加えて、確定申告が遅れることで青色申告ができなくなるというデメリットもあります。ちなみに開業後2ヶ月以内に税務署に青色申告をすれば控除額が増額されますし、必要経費の点でも優遇されます。一定以上の収入を得ているのに確定申告をせずに放置すると、結果的に多くの不利益を受けることになるので注意しましょう。

ウーバーイーツの確定申告で経費になるものは?

自転車、バイク、車などの購入費や維持費

ウーバーイーツで得られた報酬は、確定申告の時に必要経費を控除することができます。必要経費として考えられるものには配達に使用する車両の費用です。具体的には、自転車やバイクの購入やレンタル費用や、ガソリン代などが該当します。

移動で使った交通費など

ウーバーイーツで仕事をする場合は、人によっては注文の多い地域に移動する必要があります。自宅から配達エリアまで行くのに使用した公共交通機関や自動車・バイクを利用する際の交通費は、確定申告の際に必要経費に含めることができるでしょう。

普段使いしているものは全額を経費計上はできない

ウーバーイーツの配達で車両や各種アイテムを使用している場合でも、普段の生活で私用で使っている物については全額経費に含めることができません。例えば、仕事以外でも自転車やバイクなどを利用している場合は、仕事で使う割合を算出して経費に含めることができるでしょう。

レシート・領収書をとっておく必要がある

ウーバーイーツの必要経費(車両代や各種アイテムの購入費用など)を申告する場合は、経費を負担した証拠となるレシートや領収書を添付しなければなりません。もしもレシートを捨ててしまった場合は、クレジットカードの支払明細書などを提出することができます。

ウーバーイーツの確定申告のやり方とは?

確定申告の方法を決める

青色申告か白色申告を選択する

ウーバーイーツの収入を確定申告する場合は、「白色申告」と「青色申告」のいずれかを選ぶことができます。一般的な確定申告の方法は「白色申告」で、計算方法や手続きがシンプルで簡単です。収入額が少ない方や初めて確定申告をする方は、「白色申告」をおすすめします。
この方法だと事前に開業届などを出す必要がありませんし、収入と支出を記入して税務署に提出するだけで済みます。年間あたりの収入額が一定金額(20万円または38万円)を超えた場合にのみ、提出をします。

雑所得か事業所得の区分を選択する

ウーバーイーツの収入を確定申告する場合には、「雑所得」と「事業所得」の2通りの方法があります。サラリーマン(給与所得者)で副業として配達の仕事をしている場合は、「雑所得」の区分になります。これに対してウーバーイーツを専業にしている方であれば、「事業所得」に該当します。

「事業所得」だと、ウーバーイーツ以外の他の報酬との合計額を申告することになります。これにより、他の事業(MENUの配達や仮想通貨取引など)の赤字・黒字を合算することができます。もしもウーバーイーツや他の仕事で赤字が出てしまった場合には、マイナスの分を相殺して控除することができます。
これに加えて、「事業所得」であれば過去3年間の赤字を計上することができるというメリットもあります。例えば、全ての事業で年間あたりの収支が赤字になってしまった場合は、翌年度の黒字から控除することができます。
ちなみに「雑所得」は他の事業や前年度の赤字を控除することができないので、節税の面では不利です。

売上と経費から所得を計算する

ウーバーイーツの確定申告の方法ですが、基本は売上(報酬)と必要経費から所得(収入)を計算することです。対象となる期間は1月1日~12月31日で、トータルで得られた報酬額はアプリで簡単に確認できます。必要経費については、自分で帳簿をつけたりレシート・領収書を保管して合計額を計算する必要があります。

収入源がウーバーイーツだけであれば表計算ソフト・アプリを利用して所得を計算することができますが、他の仕事をしている場合はクラウド型の会計サービスを利用すると入力が楽です。
ウーバーイーツの仕事をする場合は少額で高頻度の必要経費の支払いが発生するので、面倒でも支払いをしたらすぐに帳簿に記録をしておくことが大切です。

確定申告書に必要事項を記入する

ウーバーイーツで得られた所得の確定申告をする具体的な方法ですが、書類(サラリーマンは確定申告書A)を提出することができます。確定申告書は税務署で配布されていますが、国税庁の公式サイト上からダウンロードしてプリントアウトすることもできます。

指定された確定申告書に記入して、レシート・領収書などの添付書類と一緒に税務署の窓口に提出します。副業収入にしている場合は、「雑所得」の欄にウーバーイーツの所得額を記入します。本業の収入については、「収入金額等」の項目に源泉徴収票の「支払額」をしましょう。

確定申告書を提出する

確定申告書を作成したら、以下の方法で税務署に提出しましょう。

  • 税務署へ直接提出する
  • 税務署へ郵送する
  • e-Taxで電子申告する

ウーバーイーツの配達員を会社にばれないようにするには?

ウーバーイーツで得られた所得を確定申告したとしても会社に通知が行く訳ではありませんが、そのままだと住民税の金額が会社に通知されてしまいます。一般的にサラリーマンの方は毎月の給料から住民税が天引きされますが、副業収入を得ていると自治体から通知される税金の金額が多いことでばれてしまいます。

実は、住民税の金額で副業をしていることが会社にばれないようにする方法はとても簡単です。毎月の給料からの天引きではなく、自分で納付するように手続きをすれば会社に住民税の金額が知られる心配がありません。具体的なやり方ですが、確定申告の際に住民税の支払い方法で、「自分で納付」の欄にチェックを入れておくだけです。この方法だと自治体から納付通知書が届くので、納付書を銀行に持って行って自分で支払えばOKです。

まとめ

ウーバーイーツは誰でも手軽に稼ぐことができるというメリットがありますが、年間あたりに一定以上の利益を得ている場合は確定申告が必要になります。確定申告の際に車両費や通信費などの必要経費を控除することができるので、面倒でも支払いをした際はレシート・領収書などをきちんと保管しておくことが大切です。

確定申告にはいくつかの種類があり、計算方法に違いがあります。ウーバーイーツの収入をメインにしている方であれば、事業所得で申告をしたり事前に青色申告の手続きをするなどして、節税をすることが大切です。サラリーマンで会社に内緒で副業収入を得ている方であれば、確定申告の書類作成時に忘れずに住民税を自分で納付するようにチェックを入れるようにしましょう。

電話で無料相談

0120-973-309

税理士紹介を依頼する