logo

0120-973-309

受付時間:10:00 ~ 19:00

税理士紹介を依頼する

更新日:2021年05月26日

税務調査の対象になりやすい個人と対策方法3選

税務調査の対象になりやすい個人と対策方法3選について、分かりやすく要点をシンプルにまとめて説明していきます。

そもそも税務調査とは?

そもそも税務調査とは何か、意外とこれを知らない人が多いでしょう。
税務調査は大きく分けて2種類あります。まずは任意調査ですが、これは突然やってくることが多いのですが、強制ではないので日程を変更することが可能です。前もって通知がくることもありますが、このときも日程を変更することは可能です。
もう一つは強制調査と呼ばれるものですが、裁判所の令状を得て強制的に行う調査なので、拒否することはできないです。強制調査の対象になったときは大抵脱税をしているときなので、逃れることは出来ないです。脱税している金額によっては刑事事件として扱われることもあるので要注意です。調査は非常に細かく行われるので、脱税したお金を隠していても見つかります。

税務調査の対象になりやすい個人とは

税務調査の対象になりやすい個人は、稼いでいるはずなのに納税額が少ない人です。派手な生活を送っていたり、一等地に不動産を所有していると疑われる可能性が高いです。周辺や内部から情報が漏れることもあります。

税務調査の対象になりやすい個人事業主

税務調査の対象になりやすい個人は色々なパターンがありますが、まずは「個人事業主」について説明していきます。「個人事業主」は文字通り個人で仕事をしていて、会社に属していない人です。芸能人はマネージング契約のみで、会社には所属していないので「個人事業主」という扱いになります。
芸能人の収入は天井知らずで、人気があればどこまでも稼ぐことができます。テレビや雑誌、インターネットの露出度が増えて、収入が増えていることが明らかなのにも関わらず、納税金額が少ないと税務調査の対象になりやすいです。もちろん必ず税務調査の対象になるというわけではなく、多少運の要素も関係しています。お金の管理はしっかりと行うか、信頼できる税理士を頼むべきです。

相続税の税務調査

「相続税の税務調査」についても無視することができないので、こちらもしっかりと把握しておく必要があります。税務署に提出した相続税申告書に怪しいところがあれば調査の対象になる可能性が高いです。税務署は毎日たくさんの相続税申告書を見ているので、明らかな嘘をついているとすぐに見つかります。
相続人の預貯金を確認して、年齢や収入に対して預貯金が多すぎると判断されると相続税の税務調査対象になることがあるので要注意です。他にも会社の社長や経営者、医師や弁護士などは収入が多い職業なので、税務署に狙われることが多いです。収入が多いのにも関わらず、少なめに申告しているケースも珍しくないので、他の職業よりも調査対象になりやすいです。

個人の税務調査の対策方法3選

個人の税務調査の対策方法3つあります。まずは自分で知識をつけてしっかりと管理をするということです。後は税理士を雇って管理をしてもらうという方法もあります。領収書はしっかりと整理しておき、いつでも提示できるようにしておくのも良いです。

口座を個人と事業に分ける

口座を個人と事業に分けることで、資金の混同を防ぐことができます。調査対象になる人の多くが、個人と会社のお金を一緒に管理しています。
これは会社のお金を色々な用途に使うことができるので、脱税を疑われても仕方がないです。売上が多い会社を所有していて、口座を個人と事業に分けていないと税務署の調査対象になる可能性が高いです。2、3年は連絡がないかもしれないですが、それ以上になると厳しいチェックが始まると思ったほうが良いです。

領収書やレシートは整理して保管

領収書やレシートは整理して保管しておくと、調査を受けた時に慌てる必要がなくなります。お金の出先が分からないと税務署は脱税を疑わざるを得ないので、領収書やレシートをもらったら一つの保管場所にしっかりと保管するようにしましょう。
財布やバッグに入れっぱなしという人が多いですが、これだと他の荷物と一緒になって紛失してしまったり、間違えて捨ててしまう可能性も高いので、面倒に思うかもしれませんが、帰宅したらすぐに整理しておくほうが良いです。

税理士に相談

税務調査の対策方法として、税理士に相談するという方法があります。これは経営者や事業主にお勧めの対策です。経営者や事業主の場合は毎年自分で確定申告をするので、一年に一回は税金と向き合う時があります。このときに正しい判断が出来るように、日頃から税理士に相談しておくと良いです。
税理士は税金の専門家なので、適切な節税方法を指導することもできます。脱税はいけないことですが、節税はOKなのでノウハウを知ることは重要です。

まとめ

これまでの説明で、税務署の調査対象になりやすい職業や人物について理解できたはずです。調査方法は大きく分けて二つあり、強制と任意があります。強制の場合は逃れることが出来ないので、日頃からしっかりとお金のことを管理しておきましょう。
自分で管理できない、知識が無いのでよく分からないという場合は税理士と契約して税金に関するサポートをしてもらうとよいです。節税方法も教えてもらえるので、手元にお金を多く残すことも可能です。

電話で無料相談

0120-973-309

税理士紹介を依頼する